1. Home >
  2. イトウが誇る4つの最新技術 >
  3. 多層貼り・打ち抜き加工

イトウが誇る4つの最新技術

多層貼り・打ち抜き加工

営業部 本部長:江橋 恒美

[ダイジェストビデオ]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

潜在的なニーズが潜む、当社がこれからも活かしたい加工技術。

多層貼り・ハーフカット加工とは?

例として。1.ポリエステルフィルム+2.両面テープ+3.アルミ箔+4.両面テープなどのように数種類の材料を貼り合わせして、1、2、3は切断するが4は切断しない。あるいは1、2は切断して3、4は切断しないなど、お客様の要求に応じて多層化してハーフカット加工をすることができます。

多層貼り・ハーフカット加工は、どのようなニーズで進んだ技術なのでしょうか?

携帯電話に使われる部品としてのニーズから、です。技術の進歩から、その需要は正直、減少しているものの、自動車やデジタルカメラを始めとし、他の製品カテゴリーへも展開できる可能性を大いに秘めています。潜在的なニーズがあることは充分に承知していますので、この技術は、当社としても積極的に活かしていきたいですね。多層貼り・打ち抜きに関しては、イトウの持つ他の多種多様な技術と併せ「こんなこともできる企業なのだ」との認識をいただければ幸いです。

ページのトップへ