1. Home >
  2. イトウが誇る4つの最新技術 >
  3. 真空ラミネート加工

イトウが誇る4つの最新技術

真空ラミネート加工

営業部 本部長:江橋 恒美

[ダイジェストビデオ]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

新しい技テクノロジーに対応するため、存分に活用したい真空ラミネート加工。

真空ラミネート加工とは?

真空ヒータプレスのプレス押し型内部に真空隔室をつけ、クイックに真空減圧させ空気泡を取り除く、さらに均一な真空貼り合わせを行なう働きにより、真空ラミネート加工を実現します。真空状態での接着ということで、余分なエアーが入らず、シワが生じないのが何よりの利点です。手貼りの作業では、絶対できない高い精度を可能にします。

真空ラミネート加工は、具体的にどんなニーズから生まれたものですか?

携帯電話の内蔵アンテナやFPCをつくりたいとのニーズから生まれました。携帯電話は4〜5年程前まで伸ばすタイプのホイップアンテナでしたよね。ホイップアンテナに替わるものとしての内蔵アンテナを実現するための加工技術が、つまりは真空ラミネート加工という技術なのです。それまでは成形品に埋め込んでいたのですが、やはりそのためには携帯電話本体に厚みがないと難しい。どんどん携帯電話は薄くなってきていますから、真空ラミネート加工は、非常に効果的といえるのです。

完成した時、お客様の反応はどのようなものでしたか?

この加工技術により、携帯電話を薄くすることも可能になったこと。エアーが入るリスクを確実に回避できること。さらにコストも抑えられるということで、とても喜んでいただけました。当社としては、今後、大量のロットだけでなく、少量の品種にフットワーク軽く対応していきたいと考えます。そのためにも、我々イトウが持つ、真空ラミネート加工の技術は非常に効果的だと思いますから。多種多様な家電製品、自動車部品などにも活用できるよう、どんどんトライしていきたいですね。新しい技術に対応するものとして、先に紹介したフォーミング加工・曲げ加工との組み合わせも着実に開発を進めています。

ページのトップへ