1. Home >
  2. 私たちの持ち味とは >
  3. 特急・緊急対応とキメ細かなサービス力

私たちの持ち味とは

特急・緊急対応とキメ細かなサービス力

専務取締役:佐々木 浩

土壇場のトラブルにも冷静に対処できるのが本当の実力。

キメ細やかなサービスと共に、お客様からの緊急依頼に特急対応する姿勢は、イトウの企業思想そのもの。お客様の新製品開発の日程は、当然決まっていますが、我々が携わる部品というのは、最終工程に限りなく近いスケジュールでまとめることが多いのです。直前で、根幹に関わるような問題が発生することも多々。その時こそ、経験に基づいた知識と技術、そして多くのノウハウを持つ我々にとっての腕の見せどころでもあります。時にはあまりに時間の余裕がなく、電話で解決に導いたことも一度ならずありました(笑)。

アメリカにも届いた、ピンチをチャンスへと変えるスタンス。

緊急の問題を対処して打開した一例を紹介します。あるお客様がアメリカに輸出したプリンターのプリント基板の足が鉄板に接してしまう問題が発生した時のこと。当然、アメリカ企業からクレームが生じました。お客様としては緊急に対策を講じなければならない。当社には、これこれこういう異形の絶縁フィルムが欲しいと連絡がありました。ただ、それは型をつくる段階から仕上げないといけないものだったのです。連絡を受けたのが正午過ぎ、その日の夕方には完成しなければ間に合わない。それを持ってお客様が翌日アメリカに飛ぶという凄まじい強行軍のスケジュールだったのです。幸い、間に合わせることもできましたし、逆に「これだけのハイクォリティで、なおかつ、火急に対応してくれた」と、アメリカのユーザーさんにも喜んでもらえたそうで、何よりでした。

社内外での強力な協力体制も、イトウの大きな強み。

緊急時の対応が可能な背景として、パートナーであるメーカーさんや型屋さんとの強い協力体制は不可欠な要素。だからこそ特急の納期にも対応できるのです。例に出した件のように、今日、図面を送って、今日中に出荷してくれる型屋さん、メーカーさんがいてこそ、綱渡りのような段取りも確実に遂行し、お客様のニーズに応えることもできる。技術だけでなく、心の部分で交流を持ち、助けてくださるパートナーシップに、当社は支えていただいています。さらに「協力」の面を掘り下げるならば、外部だけでなく、内部、すなわちイトウの従業員の皆さんの力も見逃せません。お客様の要求に応え、満足いただくことを喜びとする当社の理念が確実に伝わっているからこそ。そう確信しています。だからこそ、営業、管理、製造、社内の全てが一体となって、あらゆる場面に対応できているのです。イトウは、家庭の主婦である従業員の方へ金曜日の夕方に「変更が出てしまったので、明日の土曜日に出勤してもらえないでしょうか?」とお願いして、快く出勤してくださる人ばかりという会社です。本当にありがたいことだと感じています。

ページのトップへ