1. Home >
  2. 私たちの持ち味とは >
  3. 素材特性を知り尽くし、最適な素材を提案または創造する。

私たちの持ち味とは

素材特性を知り尽くし、最適な素材を提案または創造する。

専務取締役:佐々木 浩

外部関係先との重要な情報交換。

イトウは紙の素材からスタートした会社です。時代の変遷に合わせ、徐々に、包装材料や電気絶縁材料など、プラスチック素材へと移行してきました。プラスチック等の新素材が開発された時には、イトウにとってのお客様へ「こういう素材が、こういうメーカーさんから出ました。こういう製品にこう使えるのではないでしょうか?」と、紹介、提案を行なっています。これはメーカーさんにもメリットがあることですから、積極的な素材の情報も提供いただける。そういう流れができてきたのです。またお客様側から、実際に使用したうえでの意見・感想も、メーカーさんとのやり取りの中でフィードバックできる。お客様側とメーカーさん側の両サイドとの強いパイプを構築してきたからこそ、イトウは、多種多様な素材に詳しく、提案と創造を実現できるのです。

共に考えて解決する、命綱のパートナーシップ。

素材に関するお客様からの要望として、例えば「耐熱がこれだけは欲しい」との声をいただいた時、開発と同様に、私たちは問題点を洗い出し、どうしたら解決するのかを、メーカーさんと共に考えます。そうして繰り返すお客様との折衝を通し、自然と理解を深めていく。その繰り返しで数々のことを学んできました。加工技術に関しては、我々が独自に行なう研究と共に、各メーカーさんが発信する情報が非常に重要。これを有効に活用できれば1ランク上の製品も実現しやすいのです。もう一方で、取引先である型屋さんというのは、我々以上に世の中の広いニーズを掴み、素材に対する研究を先んじて行なっています。ですから、外部パートナーの方との深い関係性は、当社にとっての大きな財産という言い方ができると思います。

常日頃から張り巡らせる、情報を得るためのアンテナ。

世の中に対して、同じものをルーチンワークで売り続けていけば企業として安泰かというと、もちろんそうではありません。コストの面でも商売の重要性が存在します。品質が全く同じでも、他社さんがさらに安い材料を用いて開発したとなれば、そちらが選ばれてしまいます。お客様に貢献するためにも、逆に「同等以上の性能で、コストを抑えたものがありますよ」と提案していきたいですから。やはりコストは常に意識していないと、いざという時に「イトウさんは情報が少ないね」となってしまいます。「なぜ知らなかったの?」、「なぜ紹介してくれないの?」という状態にならないようアンテナは張っておく必要性があるんですよね。常に業界内では競争があり、その中で我々は何をすべきか、の点は、何よりも強く意識しています。

ページのトップへ